勃起不全にはED治療薬

勃起不全を治す為に

勃起不全は治らない病気ではありません。

自力で勃起出来るようになる


勃たなくなってしまった・・・。もうED治療薬を使わないと自分では勃起することが出来ない・・。そう思っていませんか?

勃起不全になってしまったからといってもう二度と治らないというわけではなくて勃起不全が起こる原因は年齢の問題だけではなくて様々な原因で起こります。

詳しくは勃起不全の原因をご覧になれば分かります。

勃起不全になる原因は様々ですが、EDは治らない病気ではありません。

身体の内側を健康的にすることが必要ですので風邪などといった病気のように簡単に治るわけではなくて長い期間が必要になります。

半年から1年ぐらいを見て体内を変えていく必要があります。

それでも治らない病気ではありませんし、ED治療薬は決して安い薬ではありません。1錠で千円以上かかるわけですから当然お金もかかってきます。

金銭的余裕が無い人からしてみれば財布の紐も厳しくなることでしょう。

出きる事ならば薬に頼らずにEDを治したいという人が居るでしょうからここではどうすれば勃起不全が治るのかを説明していきます。

とはいえ長い期間がかかります。勃起不全が治るまで性行為をしないというのはパートナーも不満に感じることでしょう。

ですからED治療薬を最初は使って平行して勃起不全を回収するようにして無理せずに行っていく必要があります。

ではどうすれば治るのかを説明します。

まず第一に糖尿病が原因で勃起不全になる人は多いわけです。糖尿病の原因となるのは運動不足や暴飲暴食、生活リズムの乱れが原因で起こります。

ですからまずは運動不足を解消するようにしましょう。

いきなり無理して1日10kgランニングする!って決めてもいきなりハードな運動をしようとしても身体がついていきません。徐々に身体を動かすということに慣れていくようにしましょう。

例えば最初は最寄り駅の1つ前で降りて歩いて帰ったり、会社や通勤の際に階段を上ったり、エスカレーターを使わないようにしたり、休日に30分ぐらい散歩やジョギングなどからはじめるようにしましょう。

そこから徐々にジョギングの距離を伸ばしていったり、スポーツジムなどにいって水泳などをするようにしましょう。

筋トレなどをしてもいいと思います。

身体が引き締まっていったり、体重が落ちて行けばモチベーションアップになりますし、男性としても自信が出てくると思います。

男性ホルモンも活発になるので性的欲求が高まりやすくもなります。さらに気持ちもリフレッシュされてストレス軽減につながっていきます。

男性は筋トレやスポーツをして体に悪影響につながることは無いので是非とも積極的に運動をしていきましょう。

まずは血流を良くして脂肪を燃焼することが一番大切です。

次に大切なのが食事改善です。

男性は脂質の多い油っぽいものや味の濃いものが大好きで特にサラダなどはあまり取りたがらない人が多いですよね。

しかし、バランスのよい食事をする事で健康な身体になっていきます。食事改善をすることも身体にとっては非常に大切なことですが、これまで何十年もの不摂生をしてきているわけですから食事改善をするのも長い時間がかかります。

とはいえバランスのいい食事をするのも金銭的負担が強くなりますから余裕が無い人はサプリメントなどで補うようにしましょう。

そしてバランスのいい食事を摂る際に積極的に食べておきたいのがたんぱく質です。

たんぱく質は運動で筋肉をつける上でも非常に重要なだけではなくて精子の主要成分がたんぱく質です。そのためたんぱく質を積極的に摂ることで精子が体内で作られるのでそれを排出したくなり勃起しやすくなります。

たんぱく質が多い食べ物は牛肉や鶏肉をはじめとした肉類やまぐろやかつおといった魚類にも多く含まれていて栄養価の高い卵なども含まれて居ます。

もちろんたんぱく質だけを摂るのも偏った食事になります。

最も適しているバランスのいい食事の摂り方として
【 たんぱく質を6、炭水化物が3、ミネラル1 】のバランスを意識して摂取するようにしましょう。

糖尿病や脂質異常症になる人の多くは米などをはじめとした炭水化物を摂りすぎてしまっているが多いです。

運動をしつつ食事のバランスを良くしていけば相乗効果となってさらに早くED治療薬を改善することにつながります。

そして若い時に女性から心無い一言でEDになってしまったという人は性行為自体に苦手意識を持って遠ざかってしまっている人が多いです。

射精をしないことが当たり前となっていればどんどん性行為自体に興味がなくなってしまうものですので積極的に性行為をしていくようにしましょう。

今はアダルトグッズなど性行為を盛り上げるグッズが販売されていません。そういったグッズを使用していくことでどんどん苦手意識が薄まっていきます。

最初は誰でも何でも下手なものですから割り切って道具を使って積極的に性行為をするようにしましょう。