ネットの文化に適用

常に時代をリードしていってニーズに合わせてきている業界と言っていいでしょう。

レンタルからネット動画へ

メディアの移り変わりについて紹介していきたいと思います。今はもうレンタルショップでアダルトコーナーに言ってレンタルする人はめったにいませんよね。

一度レンタルショップにいって覗いてみましょう。昔みたいに何人もいて譲り合っているような場所ではなくて閑散としているような感じになっております。いつの時代も移り変わりというのは存在しております。

今まで専門店でしか購入することでしか見ることが出来なかったエロ雑誌がコンビニに陳列されるようになってそこで購入する人が増えましたし、その中に簡単なCDを入れてそこで動画を見るということになったり、レンタルショップでレンタルできるようになってからは大きく変わったと思います。

インターネットが誕生したことでいつでも気軽に見ることが出来るようになりましたそしてスマホが誕生してからはさらに身近に片手で動画を見ることが出来るようになったのが大きいですよね。

今までだったら携帯で動画を見るというのは考えられませんでした。見ようと思っても大容量転送となるので途中で止まったりすることはざらにありましたが、今は無料でもスムーズに見れますし、高画質なものは月額いくらか払えば普通にDVDを見るぐらいの感覚で見ることが可能です。

スマホのおかげでよりインターネットを利用する人というのが爆発的に増えたのは言うまでもありませんね。そしてインターネットで何を調べるかといったらアダルト業界の性欲を発散させることをまず探すものです。

ネットのおかげでアダルト業界がかなり盛り上がりました。そしてインターネットの次はまだまだ考えられないと思います。

当分はインターネットがメディアをけん引していくことになるでしょう。

ページのトップへ戻る