勃起不全にはED治療薬

勃起不全薬の妊娠や胎児への影響

妊活中に男性がEDになってしまうことは多いです。

不妊治療の現場でも渡される


妊娠をしたくても中々恵まれない人っていますよね。

例えば付き合って夫婦になった期間が短いのであればまずは2人で色々な場所に行って楽しい思い出を作ろうと思った人も多いでしょう。

そこである程度期間を共にしていざ子作りをしようと思って妊活に励む夫婦もいますが、いざ妊活をしようと思ったら旦那が勃起不全になってしまったというケースも決して少なくないのです。

最適なのが、基礎体温をつけることです。排卵周期を知ることで妊娠しやすい時期がわかるのですが、排卵期間というのは月に3日間ぐらいしかないので必ずその日は性行為をしなければいけないのです。

男性からしてみれば今まではお互いの愛情表現として好きなときに普通に性行為を行っていたのが、これから先は必ず決まった日には仕事で疲れていようが、妊活の為に必ず行わなければいけません。

この必ず性行為をしなければいけないということがプレッシャーに感じたり、作業的な感覚になって性的興奮が沸き起こりづらくなってしまうのです。

性行為はお互いの特に男性からしてみれば性的興奮がわかないとなかなか乗り気にならないものですよね。

しかし、子作りをする義務で行うということで興奮しづらくもし、ここで性行為が出来なかったらまずいということもあって知らず知らずにプレッシャーがどんどん強まっていって勃起不全となってしまう男性は多いのです。

とはいえ確実に性行為が出来るようにED治療薬を使いたいと思っても精子に染色体異常が現れるのではないか?とか胎児に影響があって赴任してしまうのではないかって考える人も多いですよね。

まず最初にED治療薬を服用したからといって胎児に影響が出たとか妊娠しづらくなるというものはありませんし、これまでに事例もありません。

あくまでもED治療薬というのは血管を拡張させて陰茎海綿体に血液を集めて勃起を長く維持させるサポートをにないます。

そのため精子に影響を与えたり、子供が出来づらくなるというものではないのです。

とはいえ色々と妊活中の夫婦としては過敏に反応してしまうものです。

不妊治療の専門医がED治療薬を渡すことも多いです。これまで勃起しないということはなかったという人でも妊活中は勃起不全になりやすいということを分かっているので念のために1錠、もしくは2錠渡すところもあります。

不妊治療の専門医が渡すということでかなり信頼できると思います。

どうしても不安だという人は不妊治療専門の医者に相談をしてみるようにしましょう。

女性は親や知り合いなどの周りから早く出来ないの?ちゃんと性行為をしているのか?いつ出来るんだ!って責められたり心無い一言を言われてしまうことも少なくありません。

子供が欲しいと本人が一番望んでいるのに出来ないジレンマを抱えているわけです。また女性の場合は年齢を重ねれば重ねるほど妊娠しにくくなるというタイムリミットがあります。

高齢出産出来る環境も整えってきますが、リスクが上がるのは間違いないことです。

毎月生理が来るたびに絶望を味わう女性としては性行為だけは必ず毎月して欲しいと思うわけですので男性はED治療薬を使ってでも勃起をするようにしておきたいですよね。

男性としてできることを行うようにしましょう。