勃起不全にはED治療薬

勃起不全薬の保存の仕方

どの薬もすぐに劣化してしまうので注意が必要です。

外気に触れないようにする


ED治療薬以外にも薬というのはしっかりと保存をしないとすぐに劣化をしてしまいます。

劣化が始まると薬の成分が弱まったりして十分に効果が得られなくなってしまう可能性もあります。

ですからED治療薬の効果を長持ちさせる為にきちんとした保存をする事が大切になってきます。ED治療薬の保存期間は2年と長いです。

ですが、それも正しい保存をした上での保存期間ですので医薬品個人輸入代行サイトを利用すると一度に大量の薬を購入することが出来るからこそきちんとした保存をして薬の効果を残す必要があります。

第一前提として外気に触れないようにすることが大切です。薬は封を開けて外気に触れてしまうとあっという間に傷んでしまいます。

保存期間が2年とされていますが、外気に触れてしまったら1週間以内できれば3日以内で服用することが望ましいとされています。

よくあるのが高容量配合の薬を購入して半分に割って服用しているという人もいます。例えばバイアグラで100mg錠というのは医薬品個人輸入代行サイトで購入するしかなくて日本の病院では処方されていません。

バイアグラ100mg錠では効きすぎるから半分に割って50mg錠として服用すれば経済的にもかなりお得ですよね。

しかし、割って残ったほうの保存方法が分からないという人もいますよね。

まずは外気に触れないようにすることが一番大切です。その為にまずはサランラップに包んでさらにタッパなどの蓋があり、密閉できる状況にしましょう。

外気になるべく触れないようにしましょう。例えばサプリメントケースなどにラップに包んだ錠剤を入れて保存しておくことが望ましいでしょう。

また保存する場所としては直射日光を避けて温度が上がりやすい外に置くようなことをしてはいけません。

テレビやパソコンの電子機器の側に置くようなことはしないようにしたり、湿気の多い風呂場などに置くと傷みやすくなります。

直射日光を避けて湿度が低いところで温度が常に一定の場所におきましょう。望ましいのでリビングの食器棚や棚において置くようにしましょう。

よく保存場所として常に温度が一定で高温になりづらく外気に触れずに湿気もない場所として冷蔵庫に薬を保存している人が多いです。

たしかに温度が低くて一定の場所であり、涼しいの薬の保存場所としてはいいかもしれません。

劣化も少なく傷みづらいですよね。

しかし、一点だけ気をつけて欲しいのが夏の季節などの外が非常に暑い場合です。

冷蔵庫から出してすぐにその場で服用する場合であれば問題ないですが、薬を外に持ち出す時は涼しいところから一気に外の暑いところに出ると温度差によって薬が変化してしまうケースがあり、それよって飲みづらくなったりしてしまいます。

暑い季節で外に持ち出すときだけは注意してください。

正しいED治療薬の保存をしておけば長く持ちますので大量に一度に購入しても問題なく使用することが出来ると思います。